少なくとも年間での利益率が18を上回っているかが大事

少なくとも年間での利益率が18を上回っているかが大事

少なくとも年間での利益率が18を上回っているかが大事

 

FXでの売買を考えている方々は、たまにお金を調達する事の考えています。つまりどこかの金融機関などから融資を受けて、資金を調達したいと思う方も見られるのです。実際その考え方は、別に間違いではないと思います。人によっては資金を調達して、ある一定以上の利益が発生している事例もあるのですから、借りてみるのは一法だと思う次第です。ところでお金を借りるとなると、やはり利息が発生する事になるでしょう。いわゆるキャッシングなどで借りた場合には、18%前後の利息が発生するケースがほとんどですね。その場合は、やはり利息の返済だけは徹底するべきだと思います。

 

そしてキャッシングなどで18%前後の利息が生じるとなると、やはりそれを上回るだけの利益率が生じるか否かが、大きなポイントになるでしょう。なぜならその利益率を上回らない事には、大赤字になってしまう可能性があるからです。例えば上記のような18%の商品で借りて、現在のFXでの利益率が、5%前後になっているとします。正直それでは、あまり意味が無いと考えられるのですね。

 

そもそも借りる目的は、最終的には利益を発生させることです。年間で18%ものコストを支払わなければならないのに、利益率が5%になってしまっていると、マイナス13%になる訳です。それでは話にならないでしょう。私は別に、キャッシングで資金を調達する事は間違いではないと思っています。ただ一番肝心なのが、FXの利益率なのですね。それが18を回っているか否かによって、借りるべきか否かを判断するべきだと思います。もしも現在の利益率が18%未満であれば、やはり考え直した方が良いと思う次第です。

 

ちなみにFXという商品は、やり方さえ間違っていなければ、年間で50%程度の利益が発生するのが普通です。逆に現在の利益率がその水準を下回っているならば、ちょっと自分のやり方を見直すことの大切でしょう。逆にその水準をキープする事ができていれば、キャッシングなどで借りるのも一法だと思う次第です。"